印鑑とは何ですか?

このサイトでは「印鑑」について考えます。

ユーザーサポート

トップページ

ご意見

リンク

サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も当サイトは一切の責任を負いかねます。

印鑑

現在では、印鑑を日常的に使うことは少なくなってきましたが、それでも、完全に姿を消してはいません。

印鑑について[予備知識]

まず、印鑑について話していく前に、「印鑑とは何なのか?」を話しをしていかなければなりません。もちろん、みなさんが知っているとは思いますが、これから話すのは、本来の意味と現在の意味などについて考えていこうと思います。多少ですが、管理人の考えや解釈が混じっていますが、事実は曲げないように、かつ、まだ完全には分かっていない所のみに、入れていきます。そのため、未然形で話している箇所が、管理人の考えとなっています。

古代

印鑑は、今から5000年以上も前(日本がやっと稲作に入っていた頃)のメソポタミア地方に、その起源があります。その頃のメソポタミアでは、王朝という支配者生まれていて、支配者の身分を表すための物となっていました。当時の印鑑は今とは違っていて、同じ円筒形ではあるのですが、外周部分に絵や文字を刻んで、粘土板などに転がして、押印するというスタイルをとっていたと言われています。

その頃の印鑑は、石や宝石を利用して作っていたのですが、もちろん、硬い宝石や石などでは、作る事はその頃の技術ではできなかったはずですから、今の印鑑と比べると、形がいびつという事もあったと思います。 パワーストーンや黄金のブレスレッドなどに彫られた装飾を見る限り、ある程度の文字ならば綺麗に彫れたのかも知れませんが。

その後、この印鑑は世界各地へと広まって言き、そして、中国を通して日本へも渡ってきました。日本で有名な印鑑としては、北九州で発見された「漢委奴国王」と刻まれた金印です。小学生の歴史の授業でも出てきたと思います。このことからも分かるように、印鑑は支配者や有力者が公の印として使われ始め、平安・鎌倉となっていくときに個人の印鑑を押す習慣が定着していったそうです。日本でも勾玉といったパワーストーンが流行した時期もありましたが、パワーストーンブレスレットのようにブレスレットと呼べるような腕の装飾品は当時ではあまり見かけない気がします。

その後、明治になり、公の印は全て、法律の規定にしたがって、管理・私用されることになり、個人の印は登録制度により役所に届けることによって、署名のような意味を持つようになっています。

現在

今現在は、印鑑を押すという事は、「確かに確認しました」、「了解しました」といった意味で、履歴書や宅配便、契約書などに押印されていることがあります。つまり、本人が了承したという事を意味して押印されるようになっています。また、市役所などに届出た印鑑の場合には、実印として本人自身を意味するようになっています。そのため、その効力は外国のサインと同じだけの法的効果を発揮します。

今では、宅配便や履歴書などに押印する印鑑として、三文判なども売られていますし、会社の会社印などもあります。今では、社会になくてはならない物になっていると言っても過言ではありません。ただ、それだけに、印鑑の管理には十分に気をつけてください。

このように、印鑑は今日のあなたの生活の中で、影響を与えているのです。また、最近では開運印鑑や宝石印鑑なども販売されています。

check

沖縄ダイビング、青の洞窟|VoicePlus

産婦人科 大阪

“キレイ”のドクター ダスキンサービスマスター桜丘店

ハウスクリーニングを東京でする

▲トップへ